例会・イベントレポート富山経営研究会の例会・イベントレポートを掲載しております。

日創研富山経営研究会 2月度例会報告

2014/02/25

image2

日時: 2月18日(火)19:00~
場所: 砺波市出町子供歌舞伎曳山会館にて
講師: インテックス株式会社 代表取締役 金山昇司氏
日創研歴17TT→10年目
現在 日創研経営研究会本部 活性化委員長3年目

もともと ネットワークビジネス 浄水器等で 29歳で毎月500万以上収入。
もっと儲ける 目標年間1億円以上目指す しかしながら、何の為にが無かった。
インテックス 起業する 当時は毛皮展示会販売の会社であった。

上手くいかず、産業廃棄物収集運搬、中間処理(リサイクル)の会社に業種転換。最初は順調に7年で年商10億超えるも問題が吹き出してきた。6年目で日創研との出会いで経営とは学問であり只のお金儲けとは違うということに目から鱗が落ちるように気付かされる。数々の困難に遭遇も世の中の問題は解決できるものしか目の前に現れないと逃げたらあかんと経営研究会の仲間からもパワーをもらい成功法で取り組んで乗り越えてきた。

image1

<創業当初と現在の比較>

事業内容:「毛皮コートの展示会販売」→「産業廃棄物処理業・解体工事等」
経営理念:「稼げ!儲けろ!売りつけろ!」→「資源の創出を通して人と環境を育み、豊かな未来づくりに貢献します」
事業ドメイン:「お金が儲かりそうなこと全般」→「資源創出業」
ビジョン:「メルセデスのトランクに札束入りアタッシュケース」「城下の自社ビル20階から旭川の花火大会を見る」
→「廃棄物による発電事業等」
「子供たちが授業見学・体験できるリサイクルセンターの建設」
「高齢者・障害者雇用モデル事業所」

日創研経営研究会に何故参加しているのか?

中小企業 420万社 全体の企業数の99.7% 全体の雇用の71%を占める。
しかしながら、全体の83.3%である350万社が赤字という背景。
日創研経営研究会 約4000名 77.6%の会社が黒字(2013年度)
金山氏の所属する岡山経営研究会 会員数 152人 義務、役割ではなく
学ぶという目的で参加する会員が多いと活性化する。
目的は自社の業績を良くする為 その為に学ぶ
全国の経営研究会60会 同じ理念とルールで運用していても
活性化度は天と地ほどの差がある。

組織活性化の条件とは

1) 目的を明確 健全かつ持続的

2) ストローク・承認の環境 人は承認した方向に向かう。

3) リーダーシップ

a)報酬的パワー
b)強制的パワー
c)合法的パワー
d)専門的パワー
e) 人間的パワー(尊敬に値する 面倒見が良い)会を率いるにはこれ
従って理事メンバーと歴代会長会が尽力が大事
以上 講演内容でした。

 

オブザーブ参加 セイアグリーシステム 伊勢鉄弥さん 髪風コッコロ 柴田友和さん
㈱ニシオ 西尾尚喜さん 新入会員 例会初参加 ありがとうございました。
会員30名(67名中 44.8%) 社員4名 オブザーブ2名
懇談会は 砺波平安会 参加会員21名 社員1名 オブザーブ1名
皆ひとり一人が経営理念を語り合うことが出来ました。
西田委員長の経営理念委員会主体で行われ、北リーダーに尽力いただき委員会メンバーには何度も打合せを重ねて企画呼びかけが成され実に感動的な例会・懇談会になりました。
次回3月も素晴らしい例会になりますので、スケジュール空けて参加しましょう!

2月総会

場所:砺波市出町子供歌舞伎曳山会館
時間:2月18日17:00~
議案は
1)2013年度決算報告承認の件及び会計監査報告承認の件
2)2014年一般会計予算(案)承認の件
3)2014年特別会計(案)承認の件

4)2014年積立基金(案)承認の件 全て満場一致で承認いただきました。
告知 毎年皆様に配布していた基本資料小冊子ですが、今年は作成しません。

かわりにHPを作成し必要な資料は定期発送、HP、グーグルドライブ等を通してお伝えする形をとります。予算の関係もあり製本(毎年25万円の予算)はしません。データとA4版の紙ベース情報は配布します。ご了承お願いします。
総会後会の活性化について会員メンバーで話合いを行いました。

貴重な意見が沢山でましたので、ご紹介致します。

◯自分が企画側として参加するとやりがいがあるので良かった。
◯理念と経営経営者の会をもっと活性化させて会員同士の繋がりの強化が大事ではないか。(是非とも具体的に活性化させるべく動きます。)
◯自社の幹部社員や若手社員を連れてきて学ばさせるジュニアクラブみたいなものがあると良いのではないか。(経営者と社員の情報量の差を埋める意味でも)
◯明日の飯に繋がるような実践的な例会だと参加する意欲が湧く。
◯もっと告知(ブランディング)をした方が良いのでは、FB、HP新聞等
◯委員会メンバーの職場にいって委員会開催若しくは発表を聴くような委員会活動が良かった。(是非とも今後具体的に活性化させるべく動きます。)
◯発表した時に拍手するようなことが大事だと思う。(今後は率先して拍手するような雰囲気づくり心がけます)
◯名簿に各メンバーの得意分野を記す欄の一覧表を作ってノウハウを共有してはどうか。(今後入れていくように動きます)
貴重なご意見・アドバイスいただきました。早速活かしていきます。
ありがとうございます。 以上

一覧に戻る

  • 例会・イベントレポート
  • 社員研修 の日本創造教育研究所
  • 理念と経営
  • 人材育成通信
  • 田舞通信

記事カテゴリー

最新記事

アーカイブ