例会・イベントレポート富山経営研究会の例会・イベントレポートを掲載しております。

日創研富山経営研究会 3月度例会報告

2014/04/07

日創研富山経営研究会 3月度例会 報告です。
image1
日時: 3月19日(水)18:45~
場所: 富山国際会議場203号室にて
講師: 第一部 経営発表朝日不動産 発表者 常務取締役 城下好夫 専務取締役 石橋寛美
    第二部 消費増税対策の補助金の活用法      富山経営研究会 事務局長 塚腰洋二
    第三部 補助金活用の具体例           富山経営研究会 副会長  魚谷和彦

 

第一部

石橋社長 石橋専務 城下常務には素晴らしい経営発表ありがとうございました。
私の会社も仕事の上でもお世話になってますが、富山県NO1の客付けという強みを磨き、そこから資産活用のお世話するというビジョンとその為の人財育成の情熱は迫力がありました。
朝日不動産様が常に学び続ける、ビジョンに向かって変化し続ける様は感動的でした。今後もご指導宜しくお願いします。
渋谷監事には、メンバーの企業に落とし込める視点で講評いただきました。改めて勉強になりました。
発表中写真撮り忘れましたので懇親会の写真↓
上 石橋寛美専務(石橋正好社長の奥様)、下は発表していただいた城下好夫常務
image3
image4
image5
image6

 

第二部

塚腰事務局長より
現在政府の政策で補助金が莫大な数2000以上でているという背景から、それに対する考え方について説明いただきました。中小企業には主に経営革新や改善に対する設備投資や雇用に関して使える補助金が多く、大きくお金を使う時は検索してチェックしてみること。
窓口は予算を消化しなければならないので、とても好意的なので、相談してみる価値ありということについて資料を基もつけてレクチャーいただきました。

 

第三部

魚谷副会長より

実際の補助金を使った。魚谷副会長の会社の例から総務部長がきちんと補助金について担当してやっている体制から設備投資 今後の事業ビジョンから必要なものやLED取り付けで補助金申請の例、雇用に対する補助金の例、補助金の目当てでする訳では無いが、必要な投資や雇用政策の上で調べると大きな補助金がついているというわかりやすく、実際の取り組みを教えていだだきました。

懇談会は矢郷さんのテジカエンでした。夜遅くまで対応ありがとうございました。
懇談会も予定よりも増えて皆様と絆を深めることが出来ました。
会員参加40名 懇談会も20名で 沢山の参加者で懇談会も盛り上がりました。

一覧に戻る

  • 例会・イベントレポート
  • 社員研修 の日本創造教育研究所
  • 理念と経営
  • 人材育成通信
  • 田舞通信

記事カテゴリー

最新記事

アーカイブ